ガスールの使い方

ガスールの使い方

ガスール固形ガスールとは、以前紹介している、クレイ(粘土)の一種で、モンモリロナイトの一種であるモロッコ産のクレイです。

マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄分、カリウムなどの豊富なミネラルを含み、単独ではもちろん、自分の好みでアレンジできるのもガスールの魅力の一つです。

ガスールは、水に溶いてパックにしたり、洗髪に使ったりと石鹸の代用として使うことが出来ます。

使い方は至って簡単!

ガスールの使用量の2倍程度の水を加え、3分ほど放置。
その間に、ガスールは水を含み、ふわふわと膨らんでなめらかに溶けるのです。これを、お肌や髪など、軽く肌になじませて洗い流すだけ。

ガスールを溶かすのは、ぬるま湯の方が早く溶けます。このときに、フローラルウォーターでといても良いですし、お気に入りの精油や、蜂蜜を混ぜたり、肌に合わせてアレンジが出来ます。柔らかさは、マヨネーズくらいを目安にすると良いでしょう。

ガスールに豊富に含まれるミネラルがイオン化し、汚れを吸着する洗浄作用とともに、高い保湿力を発揮するので、老廃物除去や殺菌作用、美白効果、新陳代謝促進などの効果が期待できます。

しかも、石鹸よりマイルドな洗い上がりなので、敏感肌も好んで使われるようです。それでも気になるときは、蜂蜜をまぜてみたり、オイルを足したりするとマイルドさは高まるでしょう。

クレイの使用量の目安は、洗顔やクレンジングで5gくらいです。
値段も150gで600円くらいなので、形状は、粉末と固形とありますが、固形の方が安いです。

ガスールは、粘土ですので腐ることもなく、長期保存も可能です。しかも、安いし、効果も嬉しい物ばかりだし、肌に優しいし、かなり使えますね!


ぷるるんひと言
ガスールという言葉自体に、「洗い浄める」という意味合いがあるようです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アロマ&手作りコスメメニュー
このサイトについて(注意事項)

◆◇アロマ(アロマテラピー)◇◆
アロマ(アロマテラピー)について

■エッセンシャルオイル(精油)
基礎知識
種類

◆◇手作りコスメ◇◆

■重要!
つきあい方の基礎の基礎

■基本材料
精製水・グリセリン
エタノール
キャリアオイル

■材料
いろいろ
 ├蜜蝋
 ├トレハロース
 ├DMAE
 ├尿素
 ├ガスール

クレイ

キッチン編
 ├蜂蜜
 ├小麦粉
 ├緑茶
 ├大豆&小豆

ハーブ編
器具編

■レシピ
化粧水
パック
リップクリーム
ハーブチンキ

その他手作りレシピ
 ├ホウ酸水
 ├エアフレッシュナー
 ├サシェ

◆◇用語◆◇
美肌用語
 ├NFM
 ├サポニン
 └ポリフェノール
  ├カテキン
  └イソフラボン

◆◇美肌日記◆◇
実践美肌日記

◆◇Q&A etc...◆◇
手作りコスメ
アロマ
美肌お役立ち情報
livedoor プロフィール
タグ
  • seo