イソフラボンの効果

イソフラボンの効果

大豆イソフラボンは、大豆の発芽する部分「胚芽」に多く含まれるポリフェノール(フラボノイド)の一種で、女性ホルモン(エストロゲン)と化学構造が似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。また、天然成分なので副作用の心配が少ないとして注目されています。

しかし、まだ実際の研究は発展段階で人にたいする大豆イソフラボンの有効性と安全性については明らかにされていません。

イソフラボンが大豆に含まれると言うことは、豆腐やきな粉など大豆製品を取ることで摂取できます。

実際に肌への影響はどうなのでしょうか?

豆乳から作る豆乳ローションは、体毛を薄くする効果があるとして、特に夏の時期になるとよく目にします。

男性ホルモンの過剰な働きを抑えて、硬く太い毛を柔らかくすると考えられているようです。

また、肌に塗ると肌が白くなる、シミが消える、肌がしっとり潤う、などとも言われます。

大豆イソフラボンは骨粗しょう症、乳がんなどのの予防効果が期待される一方、乳がん発症や再発のリスクを高める可能性も考えられています。

やはりどんなものでも、過剰摂取は良くありません。
無理しない程度に、食べて体の中から綺麗になるのが良いかもしれません。

大豆イソフラボンまとめ
(研究は発展段階である)
・女性ホルモンと構造が似ている
・肌が白くなる
・シミが消える
・肌がしっとりする
・過剰摂取は逆効果

ぷるるん感想
大豆イソフラボンの効果については個人差があると思いますが、肌にも良さそうな成分だと考えられます。個人の肌に合って、良い効果が感じられたら積極的に取り入れたいですね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アロマ&手作りコスメメニュー
このサイトについて(注意事項)

◆◇アロマ(アロマテラピー)◇◆
アロマ(アロマテラピー)について

■エッセンシャルオイル(精油)
基礎知識
種類

◆◇手作りコスメ◇◆

■重要!
つきあい方の基礎の基礎

■基本材料
精製水・グリセリン
エタノール
キャリアオイル

■材料
いろいろ
 ├蜜蝋
 ├トレハロース
 ├DMAE
 ├尿素
 ├ガスール

クレイ

キッチン編
 ├蜂蜜
 ├小麦粉
 ├緑茶
 ├大豆&小豆

ハーブ編
器具編

■レシピ
化粧水
パック
リップクリーム
ハーブチンキ

その他手作りレシピ
 ├ホウ酸水
 ├エアフレッシュナー
 ├サシェ

◆◇用語◆◇
美肌用語
 ├NFM
 ├サポニン
 └ポリフェノール
  ├カテキン
  └イソフラボン

◆◇美肌日記◆◇
実践美肌日記

◆◇Q&A etc...◆◇
手作りコスメ
アロマ
美肌お役立ち情報
livedoor プロフィール
タグ
  • seo